LOG IN

2019年から学んだこと(コミュニティ編-BMXUG)

by hideko.n

新年あけましておめでとうございます!!皆様にとって笑顔溢れる年になりますように!!

気持ち新たに✨2020年スタートしたいと思います!

今回は、コミュニティ編!(仕事編も書きました~)

私はたくさんのコミュティの主宰&所属をしていますが、2019年の振り返りとしては、私の原点の「BMXUG」と「女子部」について書きたいと思います!

まずは、BMXUG(IBM Cloud Community)について。

BMXUG

BMXUG(旧JSLUG含め)歴は…6年近くかな。長いですよね~

私はBMXUGでは、これまでどおり、本体、女子部、水曜ワトソンカフェ、で活動しました。(その他支部もあります)

-BMXUG市川IT勉強会

2019年の注目は、新たに「市川IT勉強会」という支部を立ち上げたことです。これは、BMXUGメンバーが出産したことで子供連れで参加できるコミュニティがあれば…という強い希望に賛同し発足しました。

今まで女子コミュニティをやってきて、同じようにように「子供と参加したい」という声もあり、子供連れ参加はOKとしていましたが、勉強会って基本平日夜なんですよね。仕事終わって子供迎えに行ってまた会場まで行く?とか大変すぎるし、終了の22時頃まで子供が元気に起きていられるのか?とか、平日は色々な課題があって主催側がOKしても、なかなか厳しいのが現実です。

それに、女子部のコンセプトでもありますが、ITに詳しくない人や、エンジニアじゃないとダメみたいな壁を取っ払って色んな方がコミュニティを通じてテクノロジーを知るきっかけにしたい。という思いもあったので子供たちの参加も期待し「市川IT勉強会」の立ち上げについては、即答でOKしました!

「市川IT勉強会」は基本的にハンズオン勉強会です。そして上にも書いたように、開催時間を考慮し土日の午後としました。

5月の第1回から5回開催することをができました。

5/19「LINEでお絵描きメッセージを送ってみよう♪」

7/13「テトリスを作ってスマホで振って遊ぼう!」

8/24「AI先生と外国語で会話しよう!」

10/19「レースゲームを作って、鈴鹿サーキットを走ってみよう!」

12/7番外編 『スクラッチ』でゲームを作ろう!

はじめは、ママと子供を想定していたんですが、パパと子供が多かったですね~!

子供が実際にアプリを作る。のは初めての試みだったのですが、意外にみんなサクサク作っていてビックリ!!(永遠の初心者の私よりできてる…(笑))

アプリを作ってるときは、超真剣な子供たち。そして、できたアプリをめちゃくちゃ楽しそうに動かしているのを見て、嬉しくなり…それを一緒に楽しむ親御さんを見て、なんかとてもいい事したような、ほっこりした気分になりました😊(教育に目覚めた!?)

これこそ、私がやりたかったことだなぁと思います!声をかけてくれた宗政さん、楽しくわかりやすいアプリ開発をしてくれる木村さん、サポートしてくれる大江さんには感謝です!

今後も、色々な方にITに触れてもらう機会を作っていきたいなぁと思います!!

-BMXUG女子部

2019年の女子部の勉強会開催は2回でした。少ないです。女子部に関しては、運営メンバーの環境が変わることで定期開催が難しくなっています。やはり、結婚や出産で続けられなくなってしまうということが発生します。(それだけではないけど)こういった状況を打破すべく仕組みを考えないとなぁと思います。

2018年は他女子コミュニティとの合同開催を実施しました。もちろん、BMXUGなのでIBM Cloudを中心にすべきですが、前にも書いたようにBMXUG女子部のコンセプトに基づき、ITに関連/興味を持っている女性が経験や役割の隔たりなくネットワーキングを深める場としては、他女子コミュニティとの合同開催を積極的にやっていくのも、運営メンバー問題についてのひとつの解決策かもしれないです。

もしBMXUG女子部がなくなったとしても、他に女子部はたくさんありますが、私もそうでしたが、エンジニアじゃないとIT勉強会ってハードル高いんですよね。それに興味はあるけど、何に参加していいのかわからない。ということもあります。そんな時はやはりIBM Cloud は知名度あるので、興味や分野としてきっかけとなる可能性もあると思いますので、入り口としても続けていきたいと思います。

あとは、参加しやすいテーマや雰囲気作りも忘れないようにしたいです。

女子部の勉強会

2/19「LINEでお絵描きメッセージを送ってみよう♪」

12/16「IBM Cloudで便利になる世界を体験してみよう!」

-BMXUG(本体)

BMXUG本体については、恒例の年に2度(春 / 秋)やっているカンファレンスの開催のみでした。2019年は1度しかできず…😭

カンファレンスは、前提として広い会場が必要なのでお金が必要なんですよね。1度しかできなかった原因の1つは予算確保できなかったことだと思います。日々の活動がスポンサーにIBM Cloud Community としての意義を伝えきれなかったのだと思います。IBM Champion としては反省すべき点かもしれないです。

4/26「IBM Cloud Community Summit 2019.04」

-水曜ワトソンカフェ

水曜ワトソンカフェは名の通り、ワトソンに特化したテーマで水曜日(1回/月)に開催しています。

ディスカッションを重視していることからスピーカーは1名としていること、運営メンバーが全員IBM Champion という特徴があります!

運営の面では水曜ワトソンカフェでも、問題は発生しました。私が転職したことで水曜開催が危うくなったこと、運営メンバーが多忙のため毎月開催が厳しくなった。など…

そんな状況になっても、みんな「水曜ワトソンカフェ」は続けたい!という強い思いから、メンバーが集まって今後の活動について話し合いました。毎月ということに義務感があったかもしれません。でも話し合うことによって、運営の負担なく楽しくやる!ということを重視することに決めました!

みんなの思いを聞き合えることは、簡単そうで意外とできず、コミュニティの失速につながる場合もあると思います。この関係をずっと続けていきたいと思います。

水曜ワトソンカフェ勉強会

1/31 vol.16「Watsonダマされる!?AI生成画像vs各社画像認識」

2/27 vol.17「Get Wild する Watson」

3/20 vol.18「Watsonの売りポイント買いポイント」

4/24 vol.19「3年間、ガチな現場のチャットボットとAssistant」

7/3 vol.20「音声認識 超比較、各社コグニティブサービス全部入り」

9/12 vol.21「 Watson AutoAI & OpenScale」

10/16 vol.22「 医療方面でのWatson活用の検討」

11/27 vol.23「ダイエット体重予測AIをつくる」

水曜ワトソンカフェは乾杯🍻から始まります!

まとめ

2019年は、仕事編で書いたように転職し、めちゃくちゃ忙しかったので、2018年に比べあまりコミュニティ活動を積極的にできなかった気がします。

が、書いてみるとそこそこやってましたね。😅

忙しくても続ける理由としては、色んなところでも言ってますが、私が「コミュニティで人生変わった」と本気で思っているからです。そのきっかけがBMXUG。

それまでは会社という狭い世界に閉じこもっていました。BMXUGに参加して色んな人と関わることで、外の世界の広さを知りました。IT知識はもちろんですが、人生としての刺激を受けたんだと思います。

細かく書けば色々ありますが、BMXUG編も長くなってきたので。

とにかく、「楽しい」と思ったんです!!!

コミュニティがすべてではありませんが、私をコミュニティに誘ってくれた方のように、私も誰かのきっかけになれればいいなぁと思いますので、IBM Champion 2020 に選ばれなくても(笑)BMXUGの活動は続けていきたいと思います。

2019年から学んだこと(ぜひ①③も読んでください〜)

仕事編

コミュニティ編 -BMXUG

コミュニティ編 - 女子部 

イベント情報:

connpass: https://bmxug.connpass.com/event/

Facebook:

Bluemix User Group:

https://www.facebook.com/groups/bmxug/

Bluemix Girls Group:

https://www.facebook.com/groups/bmxuggirls/

OTHER SNAPS