LOG IN

開催レポート:「IBM Cloud Community Summit 2018」

by hideko.n

今年もBMXUGの大イベントを開催しました!

いきなりですが歴史を振り返ってみます。SoftLayer UG の頃から毎年UG主催の大きめのイベントを開催しています。

2015年2月が始まり…

・「Japan SoftLayer Summit 2015 」 

この時SoftLayer女子部が発足(やります宣言)しました。懐かしい…

同じく2015年9月

・「SoftLayer Bluemix Summit 2015」 

これは、歴史上最大規模で、1,000名を超える方々に参加いただきました!

2015年12月

・「SoftLayer東京DC1周年記念ミートアップ

2016年には、

SoftLayer Bluemix Community Festa 2016(4月開催)

Open Cloud Innovation Festa 2016(9月開催)

2017年には、

Bluemix 大勉強会 - The Developer Focus -(6月開催)

IBM Cloud (Bluemix) 冬の大勉強会(12月開催)

そして、2018年は、、、

IBM Cloud Community Summit 2018

を12月8日に開催しました!

こうやって見ると年ごとに特徴がありますね!私は2016年の「文化祭」っぽいのが好きです♡

初めからずっとスタッフとして参加してたので、私のコミュニティ歴も長い!!すっかり古株です!笑

これだけの歴史があるので、当然、運営メンバーも変わっています。

今回は、去年と比べ、本当に一新しました!

メンバーはこちらで紹介しています。>>>  https://bmxug2018winter.mybluemix.net/

今回は、私自身も環境が変わり、結構大変でした…(^^;

転職して初めての大きなイベントでした。規模は、4トラック(29セッション)& 2ハンズオンです。会社ののイベントでもかなり大きな方ですよね。

前回までは、準備も仕事のひとつだったのですが、今回は、業務時間外にやらなければいけなく、かなりしんどかったです。前回まで、「なんで期日守らないの?」「なんでやらないの?」みたいな発言があったと思いますが、実際今の環境ではできない時もありました。メンバーの皆さんごめんなさい。この場で謝っておきます…

準備期間の苦労はたくさんありますが、またの機会に「イベント運営手順書」的にまとめたいと思います。

…ということで当日

会場は、「ビジョンセンター永田町」永田町駅3番出口から0分!方向音痴の私にも安心の立地!

8階5部屋、6階1部屋、地下1階1部屋をお借りしました。いわゆる貸し切りってやつです。

朝8時集合!!たくさんの方がスタッフに応募してくれたので、初めてさんも!ざっと自己紹介!

ハンズオンが先着順だったため、早くから人が並ぶという事態になりました。ビックリです😲

時間になり受付開始!ロゴ入りグッズをお配りさせていただきました!みんな使ってね~!

いつも受付ではネームホルダーをお渡しするのですが、今回は「リストバンド」にしてみました。ハンズオンや懇親会参加者を色分け出来てスムーズでした。これはおススメです!

朝から並ぶ理由はハンズオンだけじゃないんですよね。Keynote!!

満席です!!!!!めっちゃ聞きたかったんですが、受付担当で聞けず…運営のつらいところです(>_<)

その後は各セッションですが、全部は紹介できないので、ここでは女子部セッションを紹介させていただきます!他のセッションについては、後日、crash.academy さんのサイトで視聴できますので楽しみにお待ちくださいね!

女子部の活動は、単純に技術の話だけではなく女性ならではのテーマで勉強会をやっています。

今回は、そんな雰囲気を感じていただきたく2本立てにしました。

・「Watsonで娘の趣味をわかりたい!」江澤美保さん

・「女性技術者へのエールと職場環境に求めるもの~勤続3年目で産休に入って」宗政由美子さん

宗政さんは0歳の娘さんを連れてきてくれました。女子部はこういった参加環境も考えていきたいですね。

次回の女子部勉強会は2/19 に開催します。女子の皆様、ぜひご参加くださいね!

2/19開催「LINEでお絵描きメッセージを送ってみよう♪」

ハイライト的には、朝から行列を作ったハンズオン!先着20名!勝ち取った皆様の様子です!

「ブロックチェーン体験 ~ブロックを作って、チェーンでつないで、理解しよう!」

「ラズパイとNode-REDでロボット(TJBot)を作ろう! 」

楽しそうですよね~!私も参加したかった…という方に朗報です!

TJBotハンズオンは1/12 に開催決定しました!…が、10名限定。すでに申し込み数は超えてますが抽選なので、申し込んでみてください。Getできたあなたは2019年良い年になるんじゃないでしょうか(おみくじ的な…笑)

「ラズパイとNode-REDでロボット(TJBot zero)を作ろう! 」2019 #01 基礎編

今回は、展示ブースも充実!スポンサーのみなさんです!

ブース横では、ステッカーとチュッパチャップスツリー♡懐かしいステッカーやグッズもお配りしました。

懐かしグッズは意外に人気で写真を撮る前になくなってしましました!

なんだかんだバタバタしていたら、もう懇親会!!

懇親会では、IBM Champion によるLT、ベストスピーカー賞の発表、Node-Red本プレゼントじゃんけん大会が行われました!本を書いた著者が会場にいたので急遽サイン会に!!

なぜか私も本をGetし、ちゃっかりサインと記念撮影までしていただきました!ヽ(^o^)丿

ベストスピーカー賞の皆様

1位:田中正吾さん、2位:羽山祥樹さん、3位:高橋克己さん、高良真穂さん(写真なし)

この後は、懇親会の続き…参加の皆さんでワイワイ盛り上がりました~♪

実行委員長の田村さんとBMXUG代表の常田さんのあいさつ~!!

懇親会参加者の集合写真~!(ホントは全参加者で撮りたかった…!!)

みなさま、ありがとうございました~!!

最後に…

すべてのセッションを紹介できず、偏りはありますが、イベントの雰囲気は伝わったでしょうか?

はじめに書いたように、仕事とは別でコミュニティをやっていくのは、時間的に厳しかったりもしますが、

有志で成り立っています。スタッフのモチベーションの継続が不思議なくらいです!でも、みんなが楽しくやっていることがイベントに反映し、参加者にも影響を与え、イベントが終わった時に「楽しかったね!!」と言える結果につながっていると思います。私自身もそうですが、「なぜコミュニティをやるのか」について、運営メンバーにインタビューしまとめてみたいと思います。

以前、代表の常田さんが「運営スタッフはスタッフTシャツを着ていますが、次回は全員スタッフTシャツを着ててもいいんじゃないか」と言っていました。本当にそれがコミュニティのあるべき姿なのかも。とずっと思っています。会社のセミナーではないので、「IBM Cloud」という共通点をもとにコミュニティはみんなで作り上げていければいいなぁと思っています。なので、スタッフやりたい、登壇したいと思う方はどんどんやってもらえればと思います。

1月、2月は様々な形で勉強会を開催します。どんな形で参加するかはあなた次第です!!

みなさまのご参加をお待ちしております!!

▼今回のイベントの様子はこちらもご覧になってください▼

■ツイートまとめ

https://togetter.com/li/1297012

■Facebookページ

https://www.facebook.com/ibmcloudcommunitysummit/

今後のイベント情報:

connpass: https://bmxug.connpass.com/event/

Facebook:

Bluemix User Group:

https://www.facebook.com/groups/bmxug/

Bluemix Girls Group:

https://www.facebook.com/groups/bmxuggirls/

OTHER SNAPS